準新作映画評2 ハドソン川の奇跡

f:id:hiko7jiro1:20170704224928p:plain

良くできた作品です。20点満点で13点。

監督がクリントイーストウッド、主役がトムハンクスであれば当然でしょう。

原題はSULLY。これが邦題ではハドソン川の奇跡となる。

これはちょっとやり過ぎかな〜。「その日、英雄は容疑者になった」という副題と合わせて、過剰な売り文句というか、必要以上に興味をかき立てようとする、国内配給会社の事情が透けて見える。

なぜか。この作品があくまで記録映画で、普通の映画として観てしまうと、事実であるという重みとひきかえに、どうしてもそういう意味でのインパクトに欠けてしまうからだ。

原題のSULLYというのは、トムハンクス演じる主人公の名前。離陸直後にエンジントラブルに見舞われ、低空であったため元の空港に引き返すこともできず、とっさの判断でハドソン川に不時着して、乗客乗員155名の命を救った操縦士である。

サリーは謙虚で、仕事に誇りを持っている。クリントイーストウッドが好む人物像である。乗客に命の恩人と感謝され、メディアからはヒーローと讃えられ、一躍時の人となったが、結果的に全員が無事だった、そのこと自体は奇跡的だが、そこに至る自分の判断や操縦技術は、これまで培ってきたパイロットとしての経験を活かしたまでで、職務を全うしただけだという自負があるから、周囲の加熱ぶりに違和感を覚える。彼としては、いつも通り帰宅して、家族と過ごしたいのだが、群がる記者たちのせいでそれもかなわない。

国家運輸安全委員会の調査が入る。彼らは、保険の問題から、飛行機の墜落(不時着だと、サリーはこれを何度も訂正する)を人為的なミスのせいにしたがる。元の空港に引き返せたはずなのに、それをせず、かえって乗客乗員の命を危険にさらしたと言うのだ。

ネタバレになるのでこれ以上は書かないが、その辺の話の持って行き方は、映画としても成立させようとするクリント流のテクニックで、それはもちろん奏功しているのだが、彼にとってのこの作品のテーマは、『ハドソン川の奇跡』的な大仰なものでは決してなく、操縦士の名前をタイトルに持ってきたことからも分かる通り、極限状態にあっても冷静さを失わず、己の職務や役割を忠実に果たそうとする、そういう人間の日々の積み重ねの方なのだ。

ラストシーンで、一貫してサリーを支持してきたアーロンエッカート演じる副操縦士のジョークが秀逸で、皆が気詰まりを感じている重苦しい空気を、鮮やかに一掃してみせる。これも事実なのかどうかは寡聞にして知らないが、こういう機知というのは是非とも見習いたいものである。